Webライター × ブログの絶大なメリットとは?ここをタップ!

Webライターとは?– 収入や必要なスキル、向いている人の特徴 –

Webライターってどんな仕事をするの?

Webライターはどんな人に向いているの?

Webライターに必要なスキルは何があるの?

これから、Webライターを副業としてやってみたいなと考えている方も多いのではないでしょうか。

「Webライターはどんな人に向いているの?」

「Webライターに必要なスキルは何があるの?」

これから、Webライターを副業としてやってみたいなと考えている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、初心者Webライターが
仕事を始める前に知っておきたいことについてまとめました。

この記事で解説していること
  • Webライターの仕事内容
  • Webライターの収入年収 
  • Webライターになるには?求人の見つけ方
  • Webライターに向いている人の特徴
  • Webライターに絶対必要なスキル
  • Webライターが身に付けていると役立つスキル

最後まで読めば、Webライターがどんな仕事どんな人に向いているかがわかります。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人
ぽかねろ
ぽかねろ(@PokaneroWriter
  • 現役Webライターディレクター
  • 複数ジャンルのSEO記事を執筆、編集
  • メディアのSEOディレクターを担当
  • ブログ開設から4ヶ月以内
    複数の記事で検索上位

LINE@でライティングやSEOの無料相談も実施しています。

もくじ

 Webライターとは? 

webライター

Webライターとは、Web上で記事を書いて収入を得る職業です。

「ライター」は、新聞や雑誌など紙の記事を書く人の職業。
似ているようで業務の範囲は異なります。

インターネットの普及に伴って、Web上で記事を書く「Webライター」という職業が生まれました。
Web上で大勢の人に向けて文章を書くため、誰にでもわかりやすく読みやすい文章を書くスキルが求められます。

 Webライターの仕事内容 

Webライターの仕事は、ひと言で表現すると「パソコンを使って文章を書くこと」です。

  • ブログ記事
  • 企業のコラムページ
  • SNSの投稿

上記のように、Web上に存在するあらゆる文章を執筆します。

記事を執筆しているときに、わからないことはネットでリサーチしたり、本を読んだり、実際に足を運んで調べることもあるのです。

ぽかねろ

Webの文章を書くプロフェッショナル!

 執筆する記事の種類 

「Webライターはどんな記事を書くの?」

ひと口にWebライターと言っても、書く記事の種類は多岐に渡ります。

Webライターにはどんな種類があり、どんな記事を書いているか表にまとめました。

参考にしてみてください。

Webライターの種類執筆する記事とその特徴
SEOライター検索エンジンで上位になる記事を書く
インタビューライター取材して対象者の想いや意見を記事にする
イベントレポートのライターネットニュースや会報誌を執筆
PRライター企業の広報やPR記事を執筆
セールスライター商品やサービスを売る記事を執筆
エッセイライター体験談に基づいた記事を執筆
トラベルライター実際に旅をしながら記事執筆
ニュース記事のライターニュースサイトの記事執筆
シナリオライター映画、YouTube動画など台本を執筆
コラムライター専門性が高い分野を執筆
テクニカルライター主にIT技術系の記事を執筆
SNSライターTwitterやFacebookなどSNSの投稿代行
コピーライター売れるフレーズを書く
ぽかねろ

種類はたくさんある!

 毎月執筆する文字数 

Webライターが執筆する文字数は、収入や単価に比例します。
Webライターの収入は、1文字あたりの単価×文字数によって決まります。

例えば、月に5万円収入を得たい場合として、毎月執筆する文字数を計算してみましょう。

文字単価0.5円1.0円2.0円
文字数100,000文字50,000文字25,000文字
記事数(5,000文字)20記事10記事5記事

表のように、たった0.5円違いで2倍の文字数を執筆しなければいけません。

50,000円÷0.5円=100,000文字

5,000文字×20記事

 文字単価1円の場合は、

50,000円÷1円 = 50,000文字

5,000文字×10記事

たった0.5円違いで、2倍の文字数を執筆しなければいけません。

始めたばかりのときは文字単価が低めですが、少しずつ単価を上げていく意識を持ちましょう。

ぽかねろ

受注単価が上がると、書く文字数は減っていく傾向だよ!

 Webライターの収入や年収 

Webライターの収入はどれくらいなんだろう?

Webライターの収入は、個人のスキルや働き方によって大きく変わります。

Webライターが実際どれくらいの収入を得ているのか、確認してみましょう。

企業ライターの場合 

indeedによると、Webライターが企業に勤めている場合の平均年収は、約496万円です。

月給換算だと約35万円。

(参照:日本のWebライターの平均年収

日本の平均年収は約436万円なので、平均より高い傾向にあります。

(参照:国税庁「令和元年分 民間給与実態統計調査」

フリーランスライターの場合 

パーソル総合研究所の「フリーランス白書2021」によると、一番多いのが平均年収400万円未満でした。

フリーランスライターは働き方がそれぞれ違うので、年収に差があります。
しかし、優秀なスキルを持つ人が稼げることは間違いありません。 

しっかりとスキルを身につけて、稼いでいきたいですね。

年収割合
400万円未満16.7%
800万円未満14.0%
800万円以上6.5%

副業ライターの場合

副業Webライターの収入は、月収約3.5万円です。
年収に換算してみると約42万円になります。

(参照:パーソル総合研究所実施「第二回 副業の実態・意識に関する定量調査」

Webライターを始めたばかりの頃は、「1文字あたり0.5円」のような低単価で仕事を請ける機会が多いでしょう。
単価が上がるにつれて、平均よりも稼げるライターになっていくのです。

ぽかねろ

副業で5万円以上稼ぐライターさんもたくさんいる!

 Webライターになるには?求人の見つけ方

未経験からWebライターに挑戦する場合、仕事をどうやって探せばいいのかわからないですよね。
Webライターとしてデビューするために必要な求人の見つけ方を3つ紹介します。

 それぞれ詳しく解説していきます。

クラウドソーシングで探す 

メリット
デメリット
  • トラブルは運営が対応してくれる
  • 未経験でも案件獲得できる
  • 応募がかんたん
  • 案件数が多い
  • 継続的に仕事をもらうのが難しい
  • 悪質な詐欺案件がある
  • 競争相手が多い

Webライターになったばかりの頃は、クラウドソーシングに登録して仕事を探す機会が多くなります。
クラウドソーシングは、仕事を依頼したい企業や個人と、仕事を受注したい人を繋ぐマッチングサービスです。

有名なサイトは上記の2つです。
登録することで、クライアントが募集している案件に応募できます。

初心者でも始められる案件が多く見つかるので、最初は小さくはじめて、コツコツと実績を積んでいくのが大切です。
まずはクラウドソーシングサービスに登録して、仕事を探してみましょう。

メディアの問い合わせフォームで応募する 

メリット
デメリット
  • 信頼性が高い
  • 競争相手が少ない
  • やりたい仕事ができる
  • 未経験は採用されにくい
  • 案件が少ない
  • 案件を探すのが大変
  • 連絡がこないこともある

求人サイトに載っていなくても、Webライターを募集している場合があります。

気になっているメディアがあれば、問い合わせフォームから直接応募してみましょう。
しかし、返事が必ずくるとは限りません。

執筆にかける熱い想いを伝えると、企業からいい返事が返ってくることもあります。
問い合わせするのはタダなので、積極的に応募していきましょう。

求人サイトを利用する

メリット
デメリット
  • 直接契約できる
  • 企業の情報がわかる
  • 理念価値観がわかる
  • 案件数が少ない
  • 詳しい条件がわからない
  • 採用まで時間がかかる

求人サイトを利用して、企業と直接契約を結んでWebライターになる方法もあります。

ミライトマッチ
  • 直接契約OK
  • 継続案件がメイン
  • 高単価案件が多め
  • 手数料は本契約の初回のみ
  • 報酬はクライアントから直接支払い

ミライトマッチ:https://miwrite-match.jp/

Wantedly
  • 直接契約OK
  • 企業情報が詳しく載っている
  • 企業と話ができる
  • 条件交渉ができる
  • 報酬はクライアントから直接支払い

Wantedly:https://www.wantedly.com/

ライターステーション
  • 直接契約OK
  • 編集部から仕事依頼が届く
  • ライティングサポートがある
  • 課題作文の提出あり
  • 編集部から銀行口座に入金

ライターステーション:https://writer-station.com/

 Webライターに向いている人の特徴5選

Webライターに向いている人の特徴は、下記の5つです。

 当てはまる項目が多ければ、Webライターの適性があると判断できます。
これから、Webライターを始めたい人は、参考にしてチャレンジしてみてください。

文章を書くのが苦にならない 

一番重要なことは「文章を書くのが苦にならない」という点です。

Webライターの仕事は、コツコツと文章を書いたり修正したり地道な作業がほとんどになります。
書くより話すことが好きな人や、情報をアウトプットするのが苦手な人には向いていません。

始めたばかりの頃は、まとまった収入を得られないので挫折しそうになります。
そのため、自分が文章を書くことが好きかどうか、振り返って考えてみましょう。

ぽかねろ

きらいじゃなければ挑戦してみよう!

知的好奇心にあふれている 

Webライターの仕事は、情報収集して記事を書くことです。

知らないことをたくさん調べるので、知的好奇心にあふれていないと少し辛いかも知れません
自分が知っていると思ったことでも、調べてみると誤った情報だったこともよくあります。

情報は1つのソースから見ずに、複数のメディアから信ぴょう性の高い情報を集めることが大事です。
そのため、知的好奇心にあふれ調べることが苦にならない人は、Webライターの仕事に適しているといえます。

ぽかねろ

知識を増やしたい人にもおすすめ!

一人で黙々と作業できる 

Webライターは、ひたすらパソコンに向かって一人で黙々と作業をする仕事です。

読者にどうすればわかりやすく伝わるかを考えながら、淡々と作業をします。
集中力が続かない人は、Webライターに向いていないかもしれません。

効率のよい仕事をするためには、自分の性格にあった時間管理ができるかが大切です。
職人のように没頭できる人には、とても向いている仕事だといえます。

ぽかねろ

自分との戦いに勝てるかがカギ!

ネット上のコミュニケーションが得意 

Webライターは、クライアントとの連絡をメールやチャットなどで頻繁に行います。

対面の場合は、声のトーンや身振り手振りで相手の話ていることを理解できますが、ネット上だと文字だけなので伝わりにくいです。
そのため、ネット上のコミュニケーションスキルが重要になります。

仕事をする上でわからないことは、こまめに報連相を行い相手との円滑なコミュニケーションを取りましょう。

ぽかねろ

顔が見えなくて、丁寧に接するのが大事!

修正依頼がきてもへこまない 

Webライターは、
クライアントの意向に沿った記事を書く仕事です。

記事を納品した後に、担当者から誤字脱字の間違いや、文章を修正してほしいと依頼されることがあります。
頑張って書いた記事に、修正依頼がたくさんあると落ち込みますよね。

そんな時に、柔軟な対応で修正できる人はWebライターに向いています。

アドバイスを素直に受け入れる人は、成長が早いです。
発注者も、品質を上げるためにフィードバックや修正依頼をしているので、実力向上のために自分を鼓舞しましょう。

ぽかねろ

同じ指摘を受けないのが鉄則!

 Webライターに絶対必要な4つのスキル 

Webライターの仕事で絶対必要なスキルは4つあります。

それぞれ詳しく紹介していきます。

ライティングスキル 

必要なスキルの1つ目は、ライティングスキルです。

Webライターは、見ず知らずの人が読んでも内容がわかるような文章を書くスキルが求められます。
自分が調べた情報を、どの順番でどうやって書いたら読者に伝わるのかを考えて、記事を執筆しなければいけません。

そして、記事をどんなターゲット層に届けるかによって、文章の書き方が変わります。
記事を読む人のことを考えた、わかりやすい文章を書けるスキルが重要です。

ぽかねろ

小学生でもわかる文章を書く意識!

情報収集(リサーチ)スキル 

必要なスキルの2つ目は、情報収集(リサーチ)スキルです。

クライアントが希望するテーマ・キーワードに沿って記事を執筆するためには、情報収集(リサーチ)スキルが求められます。

誤った情報、古い情報、確証が得られない情報を伝えないためにも、情報を正しくリサーチする力が必要です。
知っている分野の記事を書くときでも、企業が出している公式サイトを参考にして、自分の知識があっているか確かめることが大切です。

ぽかねろ

クライアントに聞くのもひとつの手!

タスク管理能力 

必要なスキルの3つ目は、タスク管理能力です。

Webライターとして働くうえで、一番大切なのは「スケジュールを管理して納期に遅れないこと」です。

いくら文章能力が高くても、納期を守れないライターはすぐに仕事を切られます。

複数の仕事を掛け持ちしていると、ついうっかり納期が過ぎていたなんてことがあるかもしれません。
そんなことが無いように、アプリやスケジュール帳などを使って管理して納期を守りましょう

ぽかねろ

納期を守るライターは、重宝されるよ!

コミュニケーション能力 

必要なスキルの4つ目は、コミュニケーション能力です。

正直なところ、駆け出しの頃はコミュニケーションの取り方で案件継続が決まると言っても過言ではありません。

  • レスポンスの早さ
  • チャット上の接しやすさ
  • ミスへの対応スピード

プライベートでもLINEの返事が遅い場合、イラッとすることはありませんか?

Webライターの仕事も同じです。
レスポンスよく返事をして、相手を不快にさせないようにしましょう。

ぽかねろ

考えていることが伝わるようにやり取りしよう!

 Webライターが身に付けていると役立つ4つのスキル 

 Webライターが身に付けていると役立つスキルは、下記の4つです。

1つずつ解説していきます。

SEOの知識 

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略です。

Webライターにとって、SEOの知識はとても重要です。
GoogleやYahoo!の検索エンジンが理解しやすいように、自分のWebサイトを最適化することをSEOといいます。

クライアントは、検索結果の上位に表示される記事を書くライターを求めています。
そのため、SEOの知識があると案件が取りやすくなり、文字単価も上がりやすくなります。

一朝一夕に身につくスキルではありませんが、検索エンジン・読者双方に好かれる記事を目指していきましょう。

ぽかねろ

重要なのは【その言葉で検索した理由】を考えること!

画像加工スキル 

Webライティングの案件では、文章の執筆と一緒に画像選定を頼まれることがあります。

Webライターには、プロのデザイナーのような技術は必要ありません。
かんたんな文字入れや加工ができれば十分です。
できる人は、クライアントにアピールしていきましょう。

無料で使えるおすすめの画像加工ツールは「Canva」です。

ライターとしての価値を高めたい方は、使い方を覚えておくとよいでしょう。

ぽかねろ

ライター仲間もかなり使ってるよ!

WordPressの知識 

WordPressは、プログラムの知識がなくても、Webコンテンツの追加・編集がかんたんにできるシステムです。

多くの企業は、Webライターが書いた記事を入稿するシステムにWordPressを利用しています
基本的な知識があれば、WordPressに直接納品ができる案件も請け負うことが可能です。

WordPressが使えないWebライターもいるので、「入稿もできます」と伝えるだけでも重宝されます。
他のライターさんと差別化して文字単価をあげるために、WordPressの知識を学んでおきましょう。

ぽかねろ

WordPressは自分のブログで使うのもおすすめ!

>>WordPressブログの始め方について解説した記事はこちら

豊富な体験談 

Web上の記事は、調べて書いただけの記事が大半を占めます。

しかし、読者が求めているのは「リアルな体験談」。

実際の体験談に基づいて記事を書けるライターには、市場価値があります
経験を活かせるテーマは、特別単価がもらえる可能性もあるでしょう。

テーマと関連性の高い体験談があれば、どんどんクライアントにアピールしてみてください。

ぽかねろ

少しの体験でも立派なアピールポイント!

【気になるテーマをチェック】Webライターに関する記事まとめ

123