【注意】「~たり」の使い方は大丈夫?|正しい使い方を例文付きで解説

「たり」の使い方を例文付きで解説

日常でよく使う言葉「〜たり」ですが、正しい使い方を知っていますか?
特に意識せず、何気なく使っている方が多いのではないでしょうか。

~たりの正しい使い方が知りたい!

どんなポイントに気をつけて使えばいい?

この記事では「たり」の正しい使い方注意するポイント、言い換え表現を例文付きで紹介しています。
「今まで意識せず使ってきたから、使い方を確認したい」と思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人
ぽかねろ
ぽかねろ(@PokaneroWriter
  • 現役Webライターディレクター
  • 複数ジャンルのSEO記事を執筆、編集
  • メディアのSEOディレクターを担当
  • ブログ開設から4ヶ月以内
    複数の記事で検索上位

LINE@でライティングやSEOの無料相談も実施しています。

あわせて読みたい

例文付きで基礎が学べる!

わかりやすい文章の書き方はこちら

もくじ

「~たり」の正しい使い方【接続助詞】

「〜たり」は、動作や状態が繰りかえされるときに使う接続助詞です。文章を書くときや日常会話でも、何気なく使われます。
「~たり」の使い方を見ていきましょう。

「〜たり」の使い方

並列の場合:「〜たり、たり」と、2回繰り返して使う

  • 「走ったり、歩いたりする」

例示の場合:「〜たり」は、1回だけで使用

  • 「自転車に当たったりしたら大変」

「たり」は、繰り返して使うときと単独で使うときがあります。
基本は「〜たり、たり」と2回繰り返して使うことを覚えておきましょう。

ただし、ある動作や状態を例示して「他の可能性もあるな」と相手に推測させる場合には、繰り返さずに使います。
次の章から例文を交えて解説するので、ぜひ読み進めてみてください。

ぽかねろ

基本は2回」と覚えておけば間違いづらい!

【2回繰り返す】並列の「~たり、たり」の使い方

事柄を並列して使う場合には「高かったり安かったり」のように、2回繰り返して使います。

並列として使う
  • 学校で勉強したり、塾で勉強します。
  • 映画を観たり、音楽を聴いて過ごしました。
  • 学校で勉強したり、塾で勉強したりします。
  • 映画を観たり、音楽を聴いたりして過ごしました。

2回目の「〜たり」をつけずに使用している方が非常に多いです。
ものごとを並べて説明するときには、「〜たり、たり」と2つセットで使うと覚えておきましょう。

「~たり」は3回繰り返してもOK

並列の「〜たり」は、動作1つに対して1回使用するのが基本になります。そのため、3回繰り返してもOKです。

3回繰り返して使う
  • 今日は友人とカラオケに行ったり、買い物したり、映画を見たりします。
  • キャンプでは釣りをしたり、泳いだり、BBQをしたりします。

しかし、何度も繰り返すと読みにくいと感じる人もいるので「たり」の使いすぎには注意してください。

ぽかねろ

1文の長さは、最大60文字を目安にしよう!

「~たり」が省略される理由

並列の「〜たり」は繰り返して使うのが基本ですが、世の中では省略されて使われている例をたくさんみかけます。
具体的には、ニュースの解説やアナウンサーのコメント、電車や公共施設の説明書きなどです。

省略される理由として考えられるのは、3つあります。

  • うっかり忘れている
  • 文章が長くなるのを防ぐために省略している
  • 1回だけ使う用法があるため、混同して省略している

「~たり」は繰り返して使うとわかっていても、文章が長いと後ろの「たり」を忘れてしまう可能性が高くなります。
うっかり忘れてしまわないよう、文章を短く書くように注意しましょう。

【1回で使う】例示・含みのある「~たり」の使い方

「〜たり」はセットで使うのが基本ですが、1回で使う場合もあります

  • 例示の「たり」
    今日は友達と買い物に行ったりしたい。
  • 含みのある言い方「たり」
    今週末も雨だったりして。

詳しく見ていきましょう。

例示

「例示」の用法は「たり」を1回で使って、ほかにも同じような要素があることを示します。
「たり」が入っている文章と入っていない文章を、比べて確認してみましょう。

たりが入っている場合の比較
  1. 明日は小説を読みたい。
  2. 明日は小説を読んだりしたい。

上記の文章の違いは「小説を読むこと以外にもやりたいことがあるか」が読み取れるかどうかです。

1の文章は「小説を読みたい」とハッキリわかります。
2の文章は「小説以外にもしたいことがあるのかな?」と読み取れるのではないでしょうか。
他の選択肢がある文章」にできるのが「例示」の効果です。

例示として使う場合
  • 明日は部屋の掃除をしたりしたい。
  • 映画をみたりするといいですよ。
  • お昼はパスタを食べたりします。

例示として使う「たり」は、ほかにも何かあることを示すために使います。

ぽかねろ

並列で使う場合と混同しないように!

含みのある言い方

「〜たり」は、単独で使用して「もしかして〜かもしれない」という含みのある言い方でも使います。

含みのある言い方は、話し言葉で使われる場面が多い表現です。

含みのある言い方
  • 明日の試験、100点取ったりしてね。
  • もしかして、明日は雪だったり
  • GWも朝から仕事だったりしたら嫌。

文章で使用するとカジュアルな言い回しになるので、使う場面には注意してください。

ぽかねろ

文章ではあまり使用されないかも…

「~たり」を使わない3つの言い換え表現

「〜たり」を使いたくないときには、別の表現にできないか考えましょう。
具体的な別の表現方法は、次の3つです。

言い換えできる表現を知っておくと、文章の幅が広がります。順番に見ていきましょう。

動詞を名詞に変換する

言い換え表現の1つ目は、動詞を名詞に変換する方法です。

例文1
  • Before
    私の趣味は、マラソンしたり自転車に乗ったりすることです。
  • After
    私の趣味は、マラソンと自転車に乗ることです。
例文2
  • Before
    日曜日は、映画を見に行ったり買い物をしたりします。
  • After
    日曜日は、映画と買い物をします。

動詞を名詞に言い換えると、文章が短くなりスッキリした印象の文章になります。

1つにまとめて表現する

言い換え表現の2つ目は、1つにまとめて表現する方法です。

例文1
  • Before
    歩きながら食べたり、飲んだりしながら観光しています。
  • After
    歩きながら飲食して、観光しています。

使う言葉によっては、硬い文章に見えるかもしれません。
まとめて表現できる言葉も限られているので、使うシーンを選びます。

文章を2つ以上に分ける

言い換え表現の3つ目は、文章を2つ以上に分ける方法です。

例文1
  • Before
    年末年始には帰省をしたり初詣に行ったりしたい。
  • After
    年末年始には帰省をしたい。初詣に行くことも考えている。
例文2
  • Before
    明日は彼氏とランチしたり、買い物したり、カラオケをしたりする予定です。
  • After
    明日は彼氏とランチしたり、買い物したりします。カラオケの予定もあります。

文章を2つ以上に分けると1文が短くなるため、読みやすくなります。

ぽかねろ

言い換え表現ではかなりおすすめ!

「~たり」を使う際の注意点

「~たり」を使う際の注意点は2つあります。

間違った使い方を避けるために大事なことなので、順番に見ていきましょう。

「~たり、たり」を使う位置を確かめる

「〜たり、たり」を使うときは、おかしな位置にないか確かめましょう。

例文
  • キャンプに行った時に、花火をしたりBBQをした思い出がよみがえったりした。
  • キャンプに行った時に、花火をしたりBBQをしたりした思い出がよみがえった。

本来は「花火をした」と「BBQをした」の2つ言葉が同等の関係でないといけません。
しかし、後にある「たり」の位置がおかしいため「花火」と「思い出がよみがえったこと」が並列関係であるように読み取れます。

「〜たり」を2回使う場合は、正しい位置で使えているかを必ず確認しましょう。

「~たり」の後ろに「など」はつけない

「〜たり」の後ろに「など」はつけません
「など」は便利な言葉なのでついつい使ってしまいがちですが、あいまいなイメージを与えます。

例文
  • 学校に行ったり、塾に行ったりなどして勉強しました。
  • 学校に行ったり、塾に行ったりして勉強しました。

具体的に示したいことが分かりにくくなるので、つけないようにしましょう。

ぽかねろ

「~など」も複数の要素が並ぶときに使うよ!

「~たり」の誤用はMicrosoft Wordの「校閲機能」でチェックできる

Microsoft Word
引用:Microsoft Word公式サイト

「〜たり」の誤用は、Microsoft Wordの「校閲機能」でチェック可能です。

「校閲機能」は、AIが文法の誤りをチェックして、おかしなところは波線で表示して教えてくれる優れもの。
「~たり」が1回しか使われていない文章は「文法の誤り」として検知されるので、誤用を防げます。

ただし、AIのチェックなので「おかしいですよ」と指摘された箇所も、正しくない場合があります。
具体的には「~たり」を単独で使うときでも「文法の誤り」になるので注意が必要です。

目視チェックとあわせて使えば、効率的に「〜たり」の誤用をなくせます。
まだ使ったことがない方は、Microsoft Wordの「校閲機能」を使ってみてください。

「~たり」の使い方に関するQ&A

「〜たり」の使い方に関する質問に回答していきます。

回答を参考にして、使い方の不安を解消してください。

「〜たり」は何回まで使っていいの?

「~たり」は、3回以上使っても文法として問題ありません

使う回数によって「例示」「並列」と意味が変わります。3回以上使っても「並列」の意味になるため、文法上は何回使っても間違いではありません。

しかし、文章が長くなってしまうため、くどくて読みにくい文章になります。
文法上の問題はありませんが、3回以上使う場合は他の表現ができないか考えてみましょう。

ぽかねろ

2回が基本と覚えよう!

「~したり」の正しい使い方は?

「〜したり」は「たり」と同じ並列助詞なので、使い方は一緒です。

「勉強したりスポーツしたり」のように「たり」と同じ使い方をします。使い方の注意点も「たり」と一緒なので、ほとんど同じ言葉と捉えてよいでしょう。

よくある間違いとしては「したりします」という使い方があります。
正しい使い方を覚えて、間違って使わないようにしましょう。

まとめ|「~たり」は状況によって回数を使い分けよう

この記事では「〜たり」の使い方について解説してきました。

「たり」は2回と覚えておく!
「~たり」のおさらい
  • 並列の「たり〜たり」は2回繰り返すのが基本
    3回繰り返しても間違いではない
    1回に省略されるのはうっかりが多い
  • 「例示」や「含みのある表現」として1回で使う場合もある
  • 「たり」を使わない3つの言い換え表現
    動詞を名詞に変換する
    1つにまとめて表現する
    文章を2つ以上に分ける
  • 「たり」を使うときの注意点
    たりを使う位置に注意する
    たりの後ろに「など」をつけない

「たり」は日常でよく使われる言葉ですが、書いている人も読んでいる人も誤用を見落としやすい表現です。

「たりは、基本繰り返して使う」

これだけ覚えておけば、間違った使い方を回避できます。まだ使い方に不安が残る方は、この記事を繰り返し読んで自信をつけていきましょう。

もし、文章をうまく書くための手助けがほしい方は、AIがアドバイスをくれる「文賢」というツールの導入がおすすめです。
自分だけでは気付きにくい「たり」の誤用や、おかしい表現になっている箇所を指摘してくれます。

文賢には無料トライアルがあるので、気になる方はぜひ試してみてください。

\\\無料トライアル実施中///
文賢:https://rider-store.jp/bun-ken/

「たり」の使い方を例文付きで解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

もくじ