Webライター × ブログの絶大なメリットとは?ここをタップ!

【高単価】Webライターが稼げるジャンルはこれだ!選び方のコツも解説

webライター ジャンル

「稼げるジャンルは、何を基準に選べばいいの?」

「ジャンルは絞って書いたほうがいいって聞いたけど…」

Webライターとして稼いでいくためには、ジャンル選びが大切です。
クラウドソーシングで案件を探しても、多すぎてどれを選べばいいか迷いますよね

この記事では、初心者Webライターが知っておきたい、稼げるジャンルについてまとめています。

  • Webライターが稼げるジャンル
  • ライター募集が多いジャンル一覧
  • Webライターがジャンルに左右されず稼ぐ方法

最後まで読めば、稼げるジャンルと選び方のコツがわかります。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人
ぽかねろ
ぽかねろ(@PokaneroWriter
  • 現役Webライターディレクター
  • 複数ジャンルのSEO記事を執筆、編集
  • メディアのSEOディレクターを担当
  • ブログ開設から4ヶ月以内
    複数の記事で検索上位

LINE@でライティングやSEOの無料相談も実施しています。

もくじ

【高単価】Webライターが稼げるジャンル5選

繰り返しになりますが、ライターとして稼いでいくためには
ジャンル選びが重要です。
そこで、Webライターが稼げる高単価のジャンルを5つ紹介します。

順番に説明していきます。

ジャンル1:金融・仮想通貨 

金融・仮想通貨に関するジャンルは専門性が高く、知識が必要なので文字単価は高い傾向です。

銀行や証券会社に勤めた人や、仮想通貨の取引経験がある人におすすめします。
主な案件例は下記のとおりです。

主な金融仮想通貨案件

  • FX・株取引
  • カードローン
  • 保険
  • クレジットカード
  • 仮想通貨

中でも、とくにおすすめのジャンルは仮想通貨です。
大手企業がどんどん参入してきているので、近年トレンドになっています。

しかし、需要に対して詳しく書けるライターが少なく、高単価案件が多い状況です。

記事を読んでくれている方のなかには、以下のように思う方もいるでしょう。

未経験だけど、仮想通貨ジャンルを書いてみたい!」

そのためには、自分で取引の流れを知ることが大切です。
まずは取引所を開設して、仮想通貨やNFTを購入してみましょう。

初めての方は、初心者でもかんたんに口座開設できる「bitFlyer」がおすすめです。
一度でも投資経験のあるライターは好まれるので、ぜひ活用してみてください。

ぽかねろ

自分で試してみるのが大事!

クラウドワークスで金融案件を探す
https://crowdworks.jp/

ランサーズで金融案件を探す
https://www.lancers.jp/

ジャンル2:転職・就職・副業 

転職・就職・副業のジャンルは、とても需要が多いジャンルです。

専門的な知識がほとんど必要ないので、初心者でも挑戦しやすいと言われています。
主な案件例は下記のとおりです。

主な転職・就職・副業の案件

  • 転職の経験談
  • 転職エージェント
  • 派遣
  • 退職代行

以前は1つの会社に勤続し続けるのが当たり前でしたが、近年は副業も一般的になりつつあります。

サラリーマンをしながら副業している人も多いよね!

こういった案件は、転職や副業の実体験を求めているケースがほとんどです。
文章に起こせる体験談を持っている方は、スムーズなライティングができるでしょう。

また、今後は転職や副業に踏み切る人がどんどん増えていくと予想されます。
それに伴って、転職サイトの需要も高くなっていく可能性が高いはず。

具体的な体験談を持っているライターは重宝されやすいので、「当てはまる!」と思った方はぜひチャレンジしてみてください。

ぽかねろ

経験は強みになる!

クラウドワークスで転職案件を探す
https://crowdworks.jp/

ランサーズで転職案件を探す
https://www.lancers.jp/

ジャンル3:美容・コスメ 

美容やコスメのジャンルは、主に女性にとって永遠のテーマです。
読者のニーズが高く、女性ライターにとっては書きやすいジャンルとして知られています。

その反面、ライバルが多いので案件は争奪戦になります。
体験談に基づいた執筆ができることをアピールして、案件獲得を目指しましょう。

主な案件例は下記のとおりです。

主な美容・コスメの案件

  • 脱毛
  • コスメ
  • サプリ
  • ダイエット
  • エステ

中でも特におすすめなのは、脱毛ジャンルです。

美容クリニックで脱毛した経験あるよ!

このように実際の経験があれば、高単価の案件でも獲得しやすいと言われています。
ただし、美容のジャンルは、表現方法や書き方に決まりがあることを覚えておきましょう。

美容ジャンルを極めていくためには、
「薬機法」を正しく理解しておくことが大切です。

薬機法の知識があれば、法に抵触する表現を避けられるため、クライアントは安心して記事を発注できます。
美容・コスメのジャンルで高単価ライターを目指す人は、薬機法を勉強して知識をつけましょう。

ぽかねろ

薬機法を勉強するならこの2冊がおすすめ!

クラウドワークスで美容案件を探す
https://crowdworks.jp/

ランサーズで美容案件を探す
https://www.lancers.jp/

ジャンル4:医療・健康 

医療や健康系のジャンルは専門的な知識が必要なため、文字単価が高い傾向にあります。
正確な情報が求められるため、医療従事者や医療系の専門資格を持つ人が活躍しているジャンルです。

主な案件例は下記のとおりです。

主な医療・健康の案件

  • 歯科業界
  • 美容整形
  • 健康食品

未経験・無資格の人が、インターネットでリサーチしながら書くことは避けておいたほうが賢明です。

いわゆるYMYL(Your Money Your Life)ジャンルの根幹に該当するため、間違った知識で記事を書くと命にかかわることもあります。

医療知識を持っていないライターが記事を書いていたら、信用できない!

薬剤師、看護師など医療分野の知識がある人は、単価が高い案件を受けられるのでおすすめです。

クラウドワークスで医療案件を探す
https://crowdworks.jp/

ランサーズで医療案件を探す
https://www.lancers.jp/

ジャンル5:住宅・不動産 

住宅・不動産ジャンルの記事は、税金や法律など専門的な知識が必要です。
取り扱っている商品の販売価格が高いため、高単価案件が多くあります。

主な案件例を紹介します。

主な美容・コスメの案件

  • 住宅購入のアドバイス
  • リフォーム
  • リノベーション
  • 不動産相続

不動産やリフォームの会社で働いた経験がある人は、案件を受注しやすいのでおすすめです。
宅地建物取引士(宅建)などの資格があれば、未経験でも採用される確率が高まるでしょう。

宅建ってむずかしいって聞くよね…

宅建は容易に取れる資格ではないため、敬遠されることが多い資格です。
しかし、取得できると高単価の案件獲得にも繋がります。

このジャンルで書きたいという人は、資格取得にチャレンジしてみてください。

ぽかねろ

資格を持っていたら即挑戦!

クラウドワークスで住宅・不動産案件を探す
https://crowdworks.jp/

ランサーズで住宅・不動産案件を探す
https://www.lancers.jp/

【一覧表】ライター募集が多いジャンル 

webライター

Webライターで稼いでいくためには、
継続的に仕事を獲得していかなければなりません。
案件の多いジャンル、単価の高いジャンルにはどんなものがあるのか知っておきましょう。

案件の多いジャンル

  • 仕事を獲得しやすい

専門性の高いジャンル

  • 単価が高いので多くの収入を得られる

クラウドワークスでは、常に多くの案件が募集されています。

なかでも、ライター募集が多いジャンルを表にまとめました。
ぜひ、案件応募の参考にしてください。

ジャンル名特徴稼げるレベル(大中小)
IT・プログラミング専門性が高い
金融・仮想通貨専門性が高い
転職・就職・副業案件が多い
英語学習・英会話専門性が高い
美容・コスメ案件が多い
医療・健康専門性が高い
住宅・不動産専門性が高い
スポーツ単価が安い
恋愛・婚活
マッチングアプリ・占い
単価が安い
ゲーム・漫画・アニメ案件が多い
グルメ単価が安い

Webライターがジャンルを選ぶ3つのコツ

Webライターがジャンルを選ぶ際に、大事なコツを3つ紹介します。

それぞれ順番に、詳しく解説していきます。

コツ1:きついと感じないジャンルを選ぶ 

コツの1つ目は、きついと感じないジャンルを選ぶことです。
苦手なジャンルを選んでしまうと、記事を書くのに時間がかかってしまいます。

ぽかねろ

思うように執筆が進まないとつらくなりがち!

知識や経験のあるジャンルを選ぶと、リサーチ時間や執筆時間を大幅に短縮できます。
自分の過去を振り返り、得意なものとそうでないものを整理してみてください。

Webライター初心者は、自分がきついと感じないジャンルから始めてみましょう!

>>すでにWebライターがきついと感じている方はこちら

コツ2:ジャンルは2~3個に絞る 

コツの2つ目は、ジャンルを2〜3個に絞って記事を書くことです。
あれもこれもと手を出してしまうと、すべて知識が中途半端になってしまいます。

稼ぐためには専門性を高める必要があるので、数が多すぎると勉強時間が足りません
色々なジャンルを書くのは最初だけにしましょう。

実際に経験したうえで「これなら続けられそうだ」と感じたジャンル2〜3個に絞って、記事を書くことをおすすめします。

ぽかねろ

始めたては色々なジャンルに挑戦してもOK!

コツ3:得意なジャンルから派生させる 

コツの3つ目は、得意なジャンルから派生させることです。

案件をこなすのに慣れてきたら、徐々に稼げるジャンルにシフトさせていきましょう。

始めたばかりの頃は、1記事書くのも辛いはず。
案件をこなして執筆スピードが上がってきたら、稼げるジャンルに手を伸ばしてみましょう。

知らない分野の記事を書いても、挫折する可能性が低くなります
執筆に慣れてきたら、得意なジャンルから少しずつシフトしていくのがおすすめです。

Webライターがジャンルに左右されず稼ぐ方法 

Webライターがジャンルに左右されず稼ぐ方法は3つあります。

それぞれ順番に紹介していきます。

SEOの基礎を学ぶ 

ジャンルに左右されず稼ぐためには、
SEOの基礎を学びましょう

Webライターという職業は、日本語ができれば誰でも参入可能なので競合が非常に多くなっています。
しかし、SEOに詳しいライターは不足気味です。

クライアントは、サイトや記事を上位表示させてくれるライターを探しています。

いくら稼げると言われているジャンルで案件を獲得できても、スキルがない限り単価は上がりません
稼げるジャンルで活躍するために、SEOの基本的な知識を身に着けましょう。

>>WebライターがSEOを学べる本を紹介している記事はこちら

>>SEO記事の書き方はこちら

 ライティングの実力をつける 

Webライターに求められているのは、ライティング力です。
読者やクライアントが求めている情報を、正しく書ける力が必要になってきます。

得意ジャンルや専門知識があれば案件獲得のハードルは下がりますが、それだけでは高単価なライターを目指すのは厳しいでしょう。
しっかり稼いでいくためには、リサーチ力やSEOの知識を深めてスキルアップを意識することが大切です。

スキルアップの手段として、Webライター向けの口座を受けるのも一つの手です。
なかでも「ライティングハックス」は受講者の満足度が非常に高いので、ぜひ受講を検討してみてください。

>>ライティングハックス受講生のリアルな感想はこちら

\\\高単価をめざすなら!///
ライティングハックスhttps://skill-hacks.co.jp/writing-hacks/

ブログを実績にする

ブログは実績として使えるので、案件も受注しやすくなります。

Webライターとして稼いでいくなら、ブログにも並行して挑戦してみてください。

クライアントに納品したあとの記事は手直しできませんが、ブログは何度でも修正が可能です。
ライターとして身についた知識が使えるので、最高の実績としてアピールできます。

また、仕事と相乗効果が得られるので、メリットが多いです。

もし、まだブログを作っていない人は、ライターのスキルアップにも繋がるので今すぐ開設してみてください。
ブログを自分の実績としてアピールしましょう。

まとめ:初心者Webライターはまずジャンルを絞ろう!

この記事では、Webライターが稼げるジャンルと選び方のコツを解説してきました。

覚えておくと便利!
Webライターが稼げるジャンルのおさらい
  • 金融・仮想通貨
  • 転職・就職・副業
  • 美容・コスメ
  • 医療・健康
  • 住宅・不動産

どのジャンルでも一定の需要はあります。
初心者Webライターは、まずジャンルを絞って執筆しましょう。

過去を振り返って、自分に書けそうなものを選んで、専門性を高めてください。
一つひとつ小さな経験を積み重ねていくことが大切です。

自分にあったジャンルを見つけて、稼いでいきましょう。

webライター ジャンル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

もくじ