文賢の使い方や料金、評判を現役のWebライターが解説!

文賢は使えない? 評判、口コミ、料金、使い方を解説
文賢
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 校閲・推敲が早く完了する
  • 文章表現の幅が広がる
  • 自分が書く文章の癖が改善できる
  • 使い方がシンプルでカンタン
  • クライアントの信用に繋がる
デメリット
  • 初期費用が1万円以上する
  • 月額費用が2千円以上かかる
  • 必ずしも的確な指摘ではない
  • 完璧な文章が書けるようにはならない

文賢はWebライターに必要かな?

文賢って使えないって聞いたけど本当?

文章作成アドバイスツールとして名高い「文賢」。
Webライター初心者に限らず、使ってみたいと感じている方も多いのではないでしょうか。

結論、文賢は
使用する目的をしっかりと持っていれば確実に”使える”ツールです。

文賢を使って半年以上、現役Webライターの僕が、具体的にどのような方へおすすめできるかを紹介します。
自分にとって文賢が必要かを知りたい方は、ぜひ読み進めてみてください。

最後まで読めば、自分が文賢を使うべきかハッキリわかるでしょう。

この記事を書いた人
ぽかねろ
ぽかねろ(@PokaneroWriter
  • 現役Webライターディレクター
  • 複数ジャンルのSEO記事を執筆、編集
  • メディアのSEOディレクターを担当
  • ブログ開設から4ヶ月以内
    複数の記事で検索上位

LINE@でライティングやSEOの無料相談も実施しています。

もくじ

文賢とは?

文賢とは
引用:文賢公式サイト
運営会社株式会社ウェブライダー
価格初期費用|11,880円
月額|2,178円
支払い方法クレジットカード・銀行振込
主な機能文章表現サポート
校閲
推敲
アドバイス
独自辞書機能
辞書の共有
無料お試し(トライアル)7日間
※オンライン説明会に参加する必要あり

文賢とは、「読み手の気持ちを想像し、優しく温かく言葉を届けられるように」というコンセプトで開発された文章作成アドバイスツールです。

株式会社ウェブライダーの代表取締役は松尾 茂起さん。
「Webライターにおすすめの本」で十中八九登場する「沈黙のWebライティング」や「沈黙のWebマーケティング」の著者でもあります。

個人利用はもちろん、法人でも2,000社以上に導入されており、すでに十分な実績があるツールと言えるでしょう。

\\\無料トライアル実施中///
文賢:https://rider-store.jp/bun-ken/

文賢で利用できる機能

文賢 機能
引用:文賢公式サイト

文賢で利用できる機能は主に4つあります。

それぞれ、順番に解説します。

文章表現サポート

文賢の文章表現

文章表現サポートは、文章の表現言葉の言い回しサポートしてくれる機能です。
例えば、「早さ」に対して下記のような提案をしてくれます。(一部抜粋)

読み手がその「早さ」をよりイメージしやすい表現はありませんか?
  • 数字や倍率を使って具体的に表現してみましょう
    例:2.7倍成長した/35%に縮小された/1日換算で120円
  • 特徴が似ているものに例えてみましょう
    例:高級メロンのような/試合後のボクサーのような

同じ表現を避けたいな…

この文章、なんかしっくりこないな…

このように悩みを抱えたときにサポートしてくれるので、解決の糸口として絶大な効果を発揮してくれます。

校閲支援

文賢の校閲支援機能

校閲支援は、日本語の文章における間違いを正しく直してくれる機能です。
誤った日本語はもちろん、誤字脱字や話し言葉の検知など13項目チェックしてくれます。

中でも、「気をつけるべき商標と固有名詞」機能は非常に良い機能。
「You tube」や「softbank」など、間違った商標名や固有名詞をチェックしてくれるので、Webライターにとって非常に役立ちます。

誤字脱字やおかしい日本語はクライアントの信用を下げるため、かなり有用です。

ぽかねろ

誤字脱字はないのが当たり前!

推敲支援

文賢の推敲支援機能
引用:文賢公式サイト

推敲支援は、読者にとってより読みやすい文章提案してくれる機能です。
全20項目ものチェックが可能で、「50文字以上の文に読点がない」や「二重否定表現」など、徹底的に読みやすい文章にしてくれます。

なかでも、とくに使える機能が「冗長な表現」のチェックです。
「ということがわかる」「ことができる」など、冗長表現を使ってしまいがちなライターさんには、抜群の効果を発揮します。

読みやすい文章を書く自信がある方には不要ですが、大多数の方には大変役立つ機能と言えます。

ぽかねろ

表記ゆれのチェックもありがたい!

アドバイス

文賢のアドバイス機能

アドバイスは、校閲・推敲を終えた文章の最終チェックに役立つ機能です。

具体的には、自分だけのチェックリストを作成して、項目に沿って目検していきます。
例えば、以下のようなリストを作成可能です。

  • 1文が60文字以内に収まっていますか?
  • 読点の位置はおかしくないですか?
  • 表記ゆれはありませんか?

リストを全部自分で作るのは大変そう…

安心してください。
デフォルト辞書として、「わかりやすい文章を書くためのチェックリスト」や「トラブルを防ぐためのチェックリスト」を文賢チームが用意してくれています。

デフォルト辞書もうまく活用しながら、自分に必要なチェックリストを作成していくのがおすすめです。

使えないは本当?文賢の評判・口コミ

文賢の評判・口コミを紹介していきます。実際に使っているユーザーの意見を聞けば、良い点悪い点がよりハッキリわかるでしょう

紹介する口コミは、「ランサーズ」内で文賢の利用者から収集したものです。
募集ページ:「文章校正ツール「文賢」を利用した感想を教えてください!
募集ページ:「【Webライター歓迎】文章校正ツール「文賢」を利用した感想を教えてください!

順番に見ていきましょう。

AIチェックが速くて便利!

文賢の良い評判・口コミ

評価:

雑誌で編集をしているんですが、目視でチェックすると、どうしてもミスを見逃してしまって…。
正直言うと、最初は「文賢」に期待していなかったんですが、実際に使ってみると見事に予想が裏切られました。

「文賢」はAIが自動でチェックしてくれるから、コピペだけでチェックしてくれるから5秒もかからずに校閲が終了。
精度も驚くほど高いので、もう手放せない状態です

ぽかねろ

雑誌の編集者さんに絶賛されているのはすごい!

商標登録まで教えてくれる!

文賢の良い評判・口コミ

評価:

商標登録された言葉がある場合、疑問に思って検索しなくても設定によって文賢のほうで教えてくれるので、とても助かります。

校正のほかに、こうしたほうがもっとよいのではという提案モードもありそれもものによっては使えます。
とりあえずざっくりとチェックしたい時便利です。

ぽかねろ

商標と全体の簡単なチェックに役立っていそうだね!

文章のクセがわかる!

文賢の良い評判・口コミ

評価:

句読点の位置や、間違って使いやすい単語、繰り返しがちな言い回しなど、自分の書く文章にありがちなクセを知るためにはいいツールだと思う。

新聞社や出版社などでのライター経験のない人にとっては、校閲や推敲、文章では伝わりにくい点などを指摘してもらえるため、読み手に正確に伝わりかつ読みやすい文章になるよう支援してくれるのは便利。

初期費用は少なくはないが、月額で考えれば妥当な金額だと思う。

ぽかねろ

無意識に出ているクセがわかるのが助かる!

初期費用を回収できるかが重要

文賢の悪い評判・口コミ

評価:

文章の誤字脱字などの間違えを指摘してくれるのは当然として、読みやすさわかりやすさ不適切な言葉までアドバイスしてくれる点が良いです。

ただし、初期費用が10000円以上するので、ビジネスとしてそれ以上の収益がない場合は逆に損になってしまいます。

ぽかねろ

仕事にどれだけ活用できるか考えてみよう

コスパが悪い

文賢の悪い評判・口コミ

評価:

最初は便利そうだと思って使ってみたものの、思ったほど使い勝手が良くなく使うのをやめて、結局人間による目視で文書チェックをすることになった。

値段も高くコスパも悪いのであまり周りにはおすすめできないと思った。

ぽかねろ

チェックの精度・コスパの観点で改善の余地がありそうだね!

評判・口コミ一覧

文賢の使い方は?実際に使ってみた画面で解説!

文賢の使い方を実際の画面を用いて紹介します。

ブラウザで使用できるツールなので、ソフトをインストールする必要はありません
自分が執筆した文章をコピペすれば、特別な操作なしでチェックが始まります。

機能ごとに紹介しているので、気になるものをタップしてぜひ参考にしてみてください。

文章表現サポート

チェックしたい文章を文賢に貼り付けて「文章表現」にチェックを入れます。

文賢 使い方

自動的に文章のチェックが行われて、画像のような画面になります。
例えば、「詳しく」に対して、「詳しさをより具体的にイメージできる表現はないか」と色々提案してくれます。

候補の文章表現で参考になるものがあれば、文章を修正してみましょう。

校閲支援機能

左の欄の「校閲支援」にチェックを入れます。

文賢 使い方

校閲機能の自動チェックが行われ、画像のように候補が表示されます。

  • 「とても」 → 話し言葉のため「非常に」「大変」に言い換え
  • 「ほとnんど」 → 誤字脱字
  • 「①」 → 機種依存文字(デバイスやOSによって表示ができない文字)のため控えたほうがよい

誤字脱字や機種依存文字は、該当箇所を確認して修正しましょう。
話し言葉・砕けた言葉は、メディアの雰囲気によってはOKの場合もあるので、臨機応変に使うのがおすすめです。

推敲支援機能

左の欄の「推敲支援」にチェックを入れます。

推敲支援機能も勝手にチェックを実施し、画像のように読みやすい文章になる提案をしてくれます。
一例として、画像の文章では「指示語」「接続詞の多用」がチェック対象になっていますよね。

指示語:「あれ」「それ」「これ」などを指す言葉

指示語や接続詞を多用しているのは、読みにくい文章の代表例です。
該当箇所を直せる場合は修正して、読み手に伝わりやすい文章にしてみましょう。

アドバイス機能

左の欄の「アドバイス」にチェックを入れます。

文賢 使い方

アドバイス機能では、あらかじめ用意されているチェックリストが表示されます。
チェックリストの項目に沿って、文章の最終チェックを実施しましょう。

文賢を使うメリットとデメリット

文賢を利用するメリットデメリットをまとめました。

文賢のメリット
文賢のデメリット
  • 校閲・推敲が早く完了する
  • 文章表現の幅が広がる
  • 自分が書く文章の癖が改善できる
  • 使い方がシンプルでカンタン
  • クライアントの信用に繋がる
  • 初期費用が1万円以上する
  • 月額費用が2千円以上かかる
  • 必ずしも的確な指摘ではない
  • 完璧な文章が書けるようにはならない

デメリットで目立つのは、やはり費用面
月額のみだったらお手軽ですが、初期費用と合わせると初月は12,000円以上かかります。
躊躇してしまう金額と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただし、Webライターにとっては必須の「校閲・推敲が早く完了する」点や、「文章表現の幅が広がる」点は見逃せないメリットです。
文賢ひとつで完結できるのは、時間勝負の側面があるWebライターにとっては大きいポイントといえるでしょう。

ぽかねろ

作業時間の短縮には欠かせない!

文賢をおすすめできるのはどんな人?

文賢 おすすめできる人
引用:文賢公式サイト

文賢をおすすめできる人の特徴を3つ紹介します。

使ってみようと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ぽかねろ

どれかに当てはまっていたらおすすめできるよ!

文章のミスを減らしたいWebライター

なかなか誤字脱字が減らない

ディレクターから文章の指摘をよく受ける

このような悩みをもつWebライターには、文賢をおすすめできます。

文賢のチェック項目は、誤字脱字、誤った言葉や誤用しやすい言葉など多岐にわたります。

とくに、誤字脱字は自分の目で読み直しても、チェックが漏れてしまう可能性が非常に高いです。
おおよその誤字脱字は文賢で検知してくれるので、自分の手間は減って、クライアントからの信頼は上がるはず。

文章のミスを少しでも減らしたいWebライターは、導入を検討してみましょう。

ぽかねろ

駆け出しWebライターさんには価値があるはず!

文章表現の幅を広げたい人

いつも同じ言葉ばっかり使っちゃうな…

Webライターとして活動していると、上記のような壁に突き当たる方も多いのではないでしょうか。
文賢は、色々な文章を知って表現の幅を広げたい方にもおすすめです。

文賢の「文章表現サポート」機能では、以下についてのサポートをしてくれます。

  • 類語・言い換え
  • 慣用句・ことわざ
  • たとえ・あるある

3,500以上の文章表現の中から、自動で選んで提案してくれるのはとても魅力的です。
とはいえ、もともとボキャブラリーが豊富で、慣用句やことわざをたくさん知っている方には不要です。

推敲・校閲にくわえて、文章表現の幅を広げていきたい方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

Webメディアのディレクター

Webメディアのディレクターの方で、以下の悩みを持っている方もいらっしゃるでしょう。

ライターさんの記事の質をあげたい

メディア全体でクオリティを一定にしたい…

こんなときに文賢は役立ちます。

文賢は、複数ライセンスの契約が可能です。
さらに、5ライセンス以上から割引が適用されます。

ライターさん分のライセンスを企業で取得して、ライター各自で必ずチェックしてもらうようにすれば、業務負担の軽減が見込めるはずです。
文章のクオリティも上がり、チェックの負担も減るのでメディアのディレクターにおすすめできます。

文賢の価格・料金プラン

文賢の価格・料金プラン
引用:文賢公式サイト

文賢の価格・料金プランを紹介します。

「初期費用+月額費用」の形をとっていて、まとめ買いの割引があるのが特徴です。
支払い方法はクレジットカード現行振込が利用できますが、契約日数が異なります
順番に見ていきましょう。

\\\無料トライアル実施中///
文賢:https://rider-store.jp/bun-ken/

初期費用|11,880円

文賢の初期費用は11,880円(税込)です。

初期費用は、新規購入時に必ず発生します。
支払いは、「クレジットカード」「銀行振込」どちらにも対応しています。

1ヶ月目のみ費用が高くなるので、念頭に置いておきましょう。

クレジットカード払い|月額 2,178円

支払い方法をクレジットカードにした場合、契約するライセンス数に応じて価格が変動します。

項目通常購入まとめ買い割引
ライセンスの数4ライセンスまで5ライセンス以上:5%OFF
15ライセンス以上:10%OFF
30ライセンス以上:15%OFF
※1ライセンスあたり
更新費用(税込)2,178円5ライセンス以上:10,345円
15ライセンス以上:29,403円
30ライセンス以上:55,539円

個人で利用する場合は、月額2,178円で利用可能です。
多数のライセンスを契約すれば割引が効くので、お得に文賢を使えます。

また、30日ごとに自動で引き落としされるので、払い忘れの心配はありません。

勝手に更新されるのがちょっと心配

自動引き落としはいつでも停止できます。
自分に必要だと感じている間のみ利用するのがおすすめです。

ぽかねろ

文賢のカード払いは「PayPal」経由で行われます!

銀行振込|180日 13,068円 / 1年 23,958円

銀行振込で支払う場合は、180日と1年間の2パターン存在します。

180日更新
1年更新
  • 料金:13,068円(税込)
  • 180日ごとに更新
  • ライセンス使用期限の60日前に通知
  • 料金:23,958円(税込)
  • 1ヶ月分の料金割引
  • 1年ごとに更新
  • ライセンス使用期限の60日前に通知

契約するライセンス数に応じた割引は、クレジットカードと同じです。

銀行振込にする最大のメリットは、1年更新を選択すれば1ヶ月分無料になることです。
1ヶ月あたり1,996円で利用できるので、通常に比べてお得感があります。

しかしながら、無理やり1年更新プランにする必要はありません。
本記事で紹介しているメリット・デメリットおすすめできる人などを参考にしてから検討するのがおすすめです。

文賢の申込み・登録手順

文賢 申込み
引用:文賢公式サイト

文賢の申込み・登録手順を画像付きで解説します。
非常にカンタンなので、安心して進んでくださいね。

STEP
申し込むプランを決める
文賢 登録方法

文賢公式サイトにアクセスし、クレジットカードか銀行振込を選んで、契約するライセンス数を選択しましょう。

文賢:https://rider-store.jp/bun-ken/

STEP
お申し込みフォームで情報を入力
文賢 登録方法

メールアドレスや名前などの個人情報を入力して、利用規約にチェックを入れて「この内容で申し込む」をクリックしましょう。

STEP
「購入する」をクリックする

入力内容に間違いがないことを確認したら、「購入する」をクリックしましょう。
アンケートは任意なので、回答したい方のみの対応でOKです。

STEP
PayPalアカウントにログインする
文賢 登録方法

PayPal」にログインしましょう。
もしPayPalアカウントを持っていない場合は、「アカウントを開設する」を選択してアカウントを作成しましょう。

STEP
支払内容を確認して決済する
文賢 登録方法

申し込み内容に間違いがなければ、「同意して続行」をクリックして支払いを完了しましょう。
その後、購入完了画面に遷移するので、登録したメールアドレスにメールが来ているかを確認しましょう。

STEP
届いたメールから本登録する

文賢を利用するためには、ライダーストアへの本登録が必要です。

送付されたURLをクリックして、本登録を完了させましょう。

文賢 本登録メール
STEP
ログインできるか確認する
文賢 登録方法

本登録完了メールに、以下の3点が記載されています。

  • お客様マイページ
  • メールアドレス
  • パスワード

記載されているメールアドレスとパスワードでログインしましょう。
ログイン後「ユーザー情報変更」からパスワード変更しておくのがおすすめです。

STEP
文賢にログインする
文賢 登録方法

ここまでくれば、あとは文賢にログインして利用するのみです。

文賢のユーザーログインページ」にアクセスし、STEP7の情報でログインしましょう。
文賢のダッシュボード画面に入れたらログイン完了です。

ぽかねろ

もう一息!

STEP
文賢でユーザー登録する

ダッシュボードにログインすると、以下のような注意書きがあります。

ライセンス購入したアカウントは「オーナー」となる。
文賢を利用するには別途「ユーザー」の登録が必要なので、ユーザー登録してください。

注意書きのとおり、文賢を利用するためには「ユーザー」登録が別途必要になります。
ライセンスのユーザー管理」から以下の項目を入力して、「登録してパスワードメールを送信」をクリックしましょう。

  • ユーザー名
  • メールアドレス
  • 使用する辞書
STEP
届いたメールから手続完了する

STEP9でメール送信すると、文賢を利用するためのパスワード設定を求めるメールが届いているはずです。

本文中に記載されているURLをクリックし、パスワードを設定しましょう。
その後、設定したメールアドレスとパスワードでログインすれば、文賢が使えるようになります。

ぽかねろ

使い方を知りたい方は、文賢の使い方をクリック!

文賢の利用に関するQ&A

検索意図

文賢の利用に関して、よくある質問に回答します。
疑問がある場合は、利用する前にしっかりと解決しておきましょう。

文賢はMacでも使えますか?

文賢はMacでも利用できます

文賢の動作環境は、以下の内容で定められています。

  • Windows:10以上
  • macOS:High Sierra以上
    利用規約より抜粋

パソコンで使用、かつ、Google Chromeの利用を推奨しているので頭に入れておきましょう。

文賢はカンタンに解約できますか?

文賢の解約は、たったの3ステップで可能です。

  1. 「定期支払いをキャンセルする」を選択
  2. キャンセルの理由を選択
  3. キャンセルを「OK」すると解約完了

上記の3ステップで解約できるので、とても安心です。

ただし、初期費用の返金と日割り計算での返金は行っていないので、注意しましょう。

文賢に無料体験(トライアル)はありますか?

7日間の無料体験(トライアルが)あります。

文賢では、定期的に「無料オンライン説明会」を実施しています。
Zoomで基本機能の説明や活用方法などを説明してくれます。

最後に質問コーナーもあるので、疑問点を直接聞くことも可能です。

文賢の無料トライアルを実際に受けた感想はこちら

文賢の支払いはデビットカードでも可能ですか?

文賢の支払いはデビットカードでも可能です。

PayPal」アカウントへデビットカードを登録し、手続きを進めましょう。

まとめ|文賢は目的によって導入を検討するのがおすすめ

文賢は初心者さんにおすすめ!
文賢に関するおさらい
  • 文賢は主に4種類の機能が使える
  • 初期費用はかかるが、月額2千円程度で使える
  • とくに、「文章のミスを減らしたいWebライター」「メディアのディレクター」におすすめ

文賢を導入したからと言って、誤字脱字やおかしな表現のない完璧な文章は書けません。
しかしながら、自分の目でチェックするよりも確実に検知できるため、より良い文章に近づくのも事実です。

とくに、初心者Webライターには心強いツールとなってくれるはず。
ミスのない読みやすい文章を目指したい方は、まずは数ヶ月試してみるのがおすすめです。

ぽかねろ

文章力が上がるまでは使ったほうがいいと感じます

\\\無料トライアル実施中///
文賢:https://rider-store.jp/bun-ken/

文賢は使えない? 評判、口コミ、料金、使い方を解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

もくじ